2018年3月31日土曜日

信大発 夏秋イチゴ(信大BS8-9)に注目!






f:id:sugimuratoshio4:20180331052734j:plain






 

 

 

信大発 夏秋イチゴ(信大BS8-9)に注目!

 

 

 



+++++++++


信州大学農学部が開発し、2011年に品種登録された夏秋イチゴ「信大BS8-9」の栽培が全国へ広がっている。

大井美知男学術研究院教授(農学系)が、約6年間かけて品種改良を手掛けた話題の新品種だ。

本来、暑さに弱いイチゴは、夏から秋は果実の収穫がしづらい端境期。

「夏秋イチゴ」とは、この時期に収穫・出荷が可能なイチゴのことだ。この「信大BS8-9」について、その開発の経緯と今後の展開を聞いた。(文・柳澤 愛由)


・・・・・信州大学広報誌「信大NOW」第89号(2014.9.30発行)より










透明度の高い宮古島の海 エクセレント!

f:id:sugimuratoshio4:20180331052734j:plain






透明度の高い宮古島の海 エクセレント!


++++++++++++


mangueblLA MANGUE BLEUE

ラ マンゴーブルーのマンゴーはこんな海の近くで栽培されてます。



#宮古島 #沖縄 #マンゴー #珊瑚礁 #


ホーム 

 




3/31  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/31  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はキンセンカとともに・・・












#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  



2018年3月30日金曜日

ブラジルのアマゾンフルーツ「ピキ」











海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー











ブラジルのアマゾンフルーツ「ピキ」

 

 

 

 












本日ご紹介するのは、ブラジルのアマゾンフルーツ「ピキ」です。

「ピキ」は、マトグロッソ州、サンパウロ州、ミナス州のアマゾンフルーツの1つです。

現地語で、「ピ」が「皮」、「キ」が「棘」を意味するそうです。


このピキ、マトグロッソ州の農家でお昼にお呼ばれした際に頂きましたが、文字通り、種の周りにビッシリと棘がありました。

この棘は非常に鋭く、万が一、口の中で棘が刺さったら、病院に行って抜いてもらわなければならないとのこと。

食べる際には、ピキの表面を歯で削ぐようにして皮を食べます。私がピキに挑戦した際、農家の方々はとても心配そうに「歯を立てないで!

歯を立てたら棘が刺さるよ!」と連呼しておりました(笑)そんなピキですが、お味の方はねっとりとコクがあり、アボガドのようなドリアンのような濃厚なお味でした。


◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」
++++++++++



Today, I would like to introduce Brazilian Amazon fruit “Pequi”.

Pequi is one of Amazon fruits in Mato Grosso State, Sao Paulo State, Minas State.

In local languages, “pe” means “skin”, “qui” means “thorn”.

I ate it when I was invited a lunch at a farmhouse in Mato Grosso State.
Literally, the fruits have thorns densely around the seeds.

These thorns are very sharp, and if thorns stick in our mouth, we have to go to the hospital to pull them out.

When we eat a pequi, we should eat the peel by scraping surface of pequi with teeth.

When I tried to eat a pequi, the farmers warned over and over. “Do not chew Pequi! Once chewed them, thorns will stick into your mouth!”

Such a peque tastes nice and rich, like dorian and avocado.


#Amazonfruits #アマゾンフルーツ #Pequi #ピキ



ザックザック採れますように




 

  

 

 

 

三浦の本春(ほんぱる)スタート

日本農業再生

















青森合同青果株式会社









三浦の本春(ほんぱる)スタート

 

神奈川県JA三浦市の春キャベツが始まりました。

これまで出回っていた寒玉や早春系とは品種が異なり、巻きがゆるくふわりとしています。

とてもやわらかくて、甘くみずみずしいので生食向きです。
市場では「本春(ほんぱる)」と呼ばれます。









 

 

3/30  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/30  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はゲッケイジュとともに・・・












#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  



2018年3月29日木曜日

早春の黄色い手毬




 

  

 

 

 

 




早春の黄色い手毬








クイズです。

この花、何の花?

《ヒント1》
 樹皮を利用して、「あるもの」を作ります。

《ヒント2》 
 先月号の農林水産省広報誌「aff(あふ)」でも、少しですがご紹介しています。


答えは、和紙の原料として知られる三椏(ミツマタ)の花です。

3月から4月にかけてのこの時期、葉が芽吹く前の枝先に花を咲かせます。


小さな花が半球状に集まった形状をしていますが、花弁(花びら)にみえるのは実は筒状の萼(がく)で、実際には花弁はありません。


萼の外側が白く内側が黄色いため、開花に従って白から黄色へと花色が変わっていくように見えるそうです。


三椏の群生地は日本各地にあり、早春になると、黄色い手毬のような花で辺り一面が埋め尽くされるそうです。

皆さんも足を伸ばして、幻想的なその景色をご覧になってみてはいかがでしょうか。



写真提供:(一社)安芸高田市観光協会







春大根スタート

日本農業再生

















青森合同青果株式会社









春大根スタート

 

 

 




栃木県JAおやまの春大根が始まりました。

厳冬の影響で平年よりも1週間遅いスタートです。

ご覧のとおり品質はすこぶる良好、この先は順調な入荷が見込まれます。

小売価格も平年並みに落ち着きましたので、思う存分お召し上がりください。









3/29  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/29  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はイカリソウとともに・・・











#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  




2018年3月28日水曜日

Corn field in Mercedes, Argentina.










海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー






3/28  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/28  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はハナミズキとともに・・・









#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  




2018年3月27日火曜日

発酵しておいしく




 

  

 

 

 

やっと春がきました

日本農業再生

















青森合同青果株式会社









春です

 

 

 

 

青森市の積雪がゼロとなったのは彼岸の中日の3月21日。

過去10年間では最も早い雪融けです(積雪ゼロを喜ぶと雪が降るので投稿を控えていましたw)。

この先も平年を大きく上回る気温が続くとの予報。

山菜も早そうです。

画像は大好物の行者にんにく。

醤油漬けが最高。










3/27  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/27  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はムスカリとともに・・・









#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  




2018年3月26日月曜日

ふくしまプライド。きゅうり編


http://subaru25.official.jp/ 

 

Combination of Mountain Harvests and Sushi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の収穫と寿司の組み合わせ

 

 

 

 

 

 




現在では高知県の山間部で作られた独特の伝統的な寿司を紹介している。

田舎寿司(田舎ずし)は, 寿司のトッピングとして海から食材を使用する高知の郷土料理である。

カラフルなトッピングには, 今シーズンにあるタケノコやシイタケなどが含まれており, 冥加や"琉球"などの高知の郷土製品などがある. それぞれの具は"柚子 の 汁"で味付けし, 寿司に形を添える。

この寿司が特に美味しそうなものは, ユズの爽やかな風味と同様に美しい外観である。

様々なトッピングは非常に良いですが, 独特のコリコリした食感を使った竹のシュートスライスが特にお勧めです!



写真: 高知県北川マンサ会


++++++++++


Combination of Mountain Harvests and Sushi



Today, we introduce unique traditional sushi made in the mountainous areas of Kochi Prefecture.

"Inaka zushi" is local food of Kochi that uses ingredients from the mountains instead of those from the ocean as sushi toppings.

The colorful topping ingredients include slices of bamboo shoots and shiitake mushrooms, which are right in season now, and Kochi's local products such as myoga ginger and "ryukyu" (a kind of taro stem). Each ingredient is placed on top of a small ball of rice flavored with "yuzu-su" ( juice of citrus yuzu) and shaped into sushi together.

What makes this sushi especially appetizing is its lovely appearance as well as the refreshing flavor of yuzu.

The different toppings are all very good, but bamboo shoot slices with their unique crunchy texture are particularly recommended!

Photo: Kitagawa Kankou Association , Kochi Prefecture








3/26  2018年  Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/26  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はプリムラ・オブコニカとともに・・・







#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  




2018年3月25日日曜日

2018年3月24日土曜日

春の訪れを告げる




 

  

 

 

 

 




春の訪れを告げる

 

 

 


皆さんは、ザゼンソウ(座禅草)という植物をご存知でしょうか。

2月から5月頃にかけて、ひっそりと開花するサトイモ科ザゼンソウ属の多年草です。

特徴は、紅色の苞(ほう:つぼみを包んでいた葉)が開き、その中にラグビーボール状の小さく黄色い花を咲かせること。

この姿が、光背を背に座禅を組むお坊さんに似ていることが名前の由来だそうです。

また、座禅を組んでいる達磨さんのような姿から、ダルマソウ(達磨草)と呼ばれることもあるそう。

このユニークな形状のほかに、さらに珍しい特徴が。

それは発熱をすること。

ザゼンソウは、自身が出す熱で、周囲の雪も解かすと言われています。

寒さの中で修行を積みながら、密やかに春の訪れを告げてくれる植物なんですね。











コクがあるのにキレがある

日本農業再生






3/24  2018年 Good morning

http://subaru25.official.jp/ 





3/24  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!

 

 

おはようございます
     
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを!
     
今朝はカイドウとともに・・・




 



#農業 #自然農 #食品流通 #青果物流通 #花き流通




  




2018年3月23日金曜日

花も団子も




 

  

 

 

 

 




花も団子も

 

 

 

青果物を生産する農家のセーフティーネット

日本農業再生

















青森合同青果株式会社









補給金は前年の3倍







青森県青果物価格安定基金協会の理事会に出席。

相場の乱高下が避けられない青果物を生産する農家のセーフティーネットともいうべき制度で、価格暴落時には補給金が交付されます。

指定野菜や特定野菜といった国民生活に必要不可欠な品目に的を絞っている点で、来年1月から導入される収入保険制度にはないメリットがあります。

今年度の野菜関連の事業では前年の3.3倍となる2億7千万円が交付されました。

記録的な安値だった「にんじん」がそのうちの7割を占めています。

昨夏のにんじんの価格低迷はこれまで経験したことがない厳しいものでした。

現在は品薄で高騰中。

あの時のにんじんが今あればなー。