2019年2月21日木曜日

#岩手県 #金ヶ崎町 からおはきゅうり


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通





 

 

 

#岩手県 #金ヶ崎町 からおはきゅうり


 

 

 

 




シンタロー(田口慎太郎)@岩手県の八百屋‏ @shinta_taguchiさんからRT


#岩手県 #金ヶ崎町 からおはきゅうり。
宮城県岩沼市産の「#きゅうり」が入荷しましたよ〜♬

入荷はやーーっ!!

って思いましたが、2月ももう後半なんですよね〜。

3月後半になれば岩手県江刺産の出荷も始まります〜。

どうぞ今年も東北地区産「きゅうり」をよろしくお願いしまーす♪( ´▽`)


 











 

再び相場は軟調に

すばる会員



















青森合同青果


 
青森合同青果株式会社



 

 

 

 

再び相場は軟調に



 

 

 

 





産地への降雪で相場を持ち直しただいこんですが、出荷量が回復し相場は再び軟調に転じています。

画像は静岡県榛南(ハイナン)地区産のだいこん。

青が薄めで形状と肌目よく、選別調整が丁寧なため、業務関係の納め屋さんにファンが多いです。







2/21  2019年  Good morning

 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通




2/21  2019年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!





おはようございます
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを! 
今朝はウメ(紅)とともに・・・

 


  

 * バラ科サクラ属の落葉高木。
花芽はモモと異なり、
一節につき1個となるためモモに比べ開花時の華やかな印象は薄い。









#農業 #freshproduce #食品流通 #青果物流通 #花き流通 #青果市場
#wholesale-market




  





















2019年2月20日水曜日

車輪に見えても味は一級品

MAFF










 

 

車輪に見えても味は一級品


 

 


 






姿イセエビ、味**と称されるほどおいしいエビをご存じですか。
 
答えはクルマエビ。
 
黒い縞模様があり、そのまま茹でるとくるりと丸まる姿が車輪を思わせることからこの名前がついたそうです。
 
また、成長とともに呼び名が変わる出世エビで、小さいものをコマキ、サイマキ、20cm前後をクルマエビ、30cmほどのものは大車(オオグルマ)と呼ばれます。
 
クルマエビは塩焼きやフライがオススメですが、コマキやサイマキは天ぷらが向いています。
 
甲殻類は鮮度が落ちやすいため、活きている物を料理するのが一番美味しいとのこと。

現在は輸送技術が発達し、エビを休眠状態にして活きたまま運ぶこともできるため、産地から遠く離れていても鮮度の良い物が食べられます。












2/20  2019年  Good morning

 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通




2/20  2019年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!





おはようございます
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを! 
今朝はコブシとともに・・・

 


  

 * モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。
早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。
別名「田打ち桜」。









#農業 #freshproduce #食品流通 #青果物流通 #花き流通 #青果市場
#wholesale-market




  





















2019年2月19日火曜日

みどりの広報大使 藤本 麗華さん

MAFF










 

 

みどりの広報大使 藤本 麗華さん


 

 


 





ミス日本コンテスト大会で、「2019ミス日本みどりの女神」に選ばれた、藤本 麗華(れいか)さんが、農林水産省「みどりの広報大使」に任命されました!

これから1年間、森林の大切さや木の文化の素晴らしさを伝える役割を担ってもらいます。

藤本さんは、なんと元宝塚星組の男役。
 
男らしい仕草とハードなダンスで培われた体力を活かし、ミス日本の活動の中で最も活動日数の多い「みどりの女神」に全力で取り組みたいとのこと。

特に、林業の現場で体を動かすことや、チェーンソーの扱いなどにも大きな興味を持っています。

ヘルメットと作業服に身を包み、さっそうと活躍する姿にご期待ください。








 







 





「築地は守る、豊洲を活かす」はどうしたのでしょうか?!


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通




  「築地は守る、豊洲を活かす」はどうしたのでしょうか?!

 




東京都知事・小池ゆり子氏は、こんな文化財をかんたんに壊してしまいました。

東京をシティーのような金融都市にしたいのだとか・・・

 移転した豊洲市場は、入荷量は築地市場より減少して、集客もままならず衰退の一途です。

 識者のなかには、いよいよカウントダウン始まると揶揄する人もいます。

 選挙公約「築地は守る、豊洲を活かす」はどうしたのでしょうか?!














#岩手県 #金ヶ崎町 からおはるか


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通





 

 

 

#岩手県 #金ヶ崎町 からおはるか


 

 

 

 





#岩手県 #金ヶ崎町 からおはるか。

愛媛県産の黄色い柑橘「#はるか」が入荷したよ〜。

「はるか」と言えば…。

岩手県生まれのリンゴを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、柑橘にも「はるか」があるんですよ〜。

見た目は酸っぱそうですが、爽やかな甘さを感じることができます〜♬


 











 

一味違います

すばる会員



















青森合同青果


 
青森合同青果株式会社



 

 

 

 

一味違います


 

 

 

 



茨城県JA水戸・大洗からキュアリングの紅あずまが入荷中。

キュアリングとは長期貯蔵のための加温処理のこと。

高温高湿(摂氏30~35度、湿度90~100%)で3~4日間処理することでイモの傷や表皮の下にコルク層が形成され、病害抵抗性と貯蔵性が高まります。

ちなみにキュア(cure)とは「傷をいやす」の意。

一般的にイモ類は収穫したてより貯蔵したものの方が食味がよくなります。
水分が減少するとともに、でんぷん質が糖化するためです。

キュアリングの紅あずまは甘みが増してしっとりした食感になり絶品です。

厳寒期の2月がおいしさのピーク、ぜひ焼き芋で召し上がってみてください。





 





2/19  2019年  Good morning

 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通




2/19  2019年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!





おはようございます
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを! 
今朝はプリムラ・ジュリアンとともに・・・

 


  

 * ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属。
園芸用に栽培され ヒマラヤ山脈周辺の原産。 常緑多年草。













#農業 #freshproduce #食品流通 #青果物流通 #花き流通 #青果市場
#wholesale-market