2018年12月11日火曜日

全国ジビエフェア第2弾

MAFF








 


全国ジビエフェア第2弾


 

 









写真のジューシーなハンバーグとソーセージ。実は鹿肉をメインに使った一品です。
野生鳥獣を美味しくいただく「ジビエ」。

メニューに加える飲食店も増えて、平成29年度のジビエ利用量は、前年度に比べ27%もアップしています。最近では、豚骨ならぬ「鹿骨」から取った旨味たっぷりのラーメンも登場。

そんなジビエ料理の美味しさを広めるため、全国のお店が参加するグルメフェア「全国ジビエフェア(冬)」が来年2月10日まで開催中。特設Webサイトでは、最寄りのお店を探すことはもちろん、ご自宅でジビエ料理にチャレンジするためのレシピも紹介しています。

お食事券が当たるキャンペーンもありますので、ジビエ大好きな方も、まだ食べたことのない方も、この機会にヘルシーで美味しいジビエをいかがですか?


全国ジビエフェア(一般社団法人日本フードサービス協会)






暖冬から一転して真冬の寒さに

 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通 





 

 

 暖冬から一転して真冬の寒さに






植物多様性センター(神代植物公園)‏ @ParksTayouseiからRT











暖冬から一転して真冬の寒さに。

植物多様性センターでは本日、初霜、初氷を観測しました。

ただし、最低温度はまだプラスなので、シモバシラの氷柱ができるほどではありません。

早朝、オオイヌノフグリやヨモギに降りた霜も、なかなかきれいです。








過去から見る無農薬茶の杉本園


 日本農業再生













 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

 

 

 

 

 

過去から見る無農薬茶の杉本園

 

 

 

 

 










無農薬茶の杉本園@長男坊‏ @ochafarmからRT



過去から見る無農薬茶の杉本園:お通信No.38 2006年7月発行



– 場所: 無農薬茶の杉本園














飲む前に1個食べましょう

すばる会員

 

 


 

 








ソーシアルメディアで青果物の流通 








青森合同青果

青森合同青果株式会社





 

 

 

 

 

飲む前に1個食べましょう






 





酒席が増える師走。お酒を召し上がる方は、飲む前に柿を1つ食べるようにしましょう。

二日酔い防いでくれるタンニンが含まれているからです。

画像は奈良県産の完全甘柿「富有(ふゆう)」。

冷蔵品は年明けまで出回ります。

これさえあればお正月も大丈夫!


 


12/11  2018年   Good morning

 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通




12/11  2018年  【朝のご挨拶】





Good morning
Have a wonderful day!





おはようございます
きょうも素敵な出会いと楽しいソーシアルを! 
今朝はイソカンギクとともに・・・

 


  

 * キク科アスター属の多年草。
栽 培 水はけのよい土に植え、日当たりのよい場所で栽培する。















#農業 #freshproduce #食品流通 #青果物流通 #花き流通 #青果市場
#wholesale-market




  




















2018年12月10日月曜日

花のせり場に大量の松が…!


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通 


 

 

 

 花のせり場に大量の松が…!

 





川崎幸市場‏ @SaiwaiichibaさんからRT




 
 
 


花のせり場に大量の松が…!

お正月感が出てきましたね!

2018年も残りわずか…。

社会人になってから1年がすごく短く感じます…(>_<)







JA紀北かわかみ産「あま熟富有柿」販売セレモニー


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通


 

 

 

JA紀北かわかみ産「あま熟富有柿」販売セレモニー




 













シンタロー(田口慎太郎)@岩手県の八百屋‏ @shinta_taguchiさんからRT




本場です。

12月8日、和歌山県(JA紀北かわかみ)産「あま熟富有柿」販売セレモニーが行われました。

あま熟富有柿は果実ひとつひとつ丁寧に袋をかけ、樹上で熟させた最高級の柿。

果汁たっぷりで豊かな風味があり、極上の甘さの富有柿の最高級品です。








CSR活動に汗をかく青森合同青果の篠崎 真孝社長

すばる会員






青森合同青果







青森合同青果株式会社

 





 

CSR活動に汗をかく青森合同青果の篠崎 真孝社長





企業のCSR活動に汗をかく青森合同青果の篠崎 真孝社長です。

同社は地元アスリートたちのスポーツ振興にも取り組んでいます。

全国の中央卸売市場の経営者のなかでも、毎日、市場情報発信のために健筆を奮っているのは篠崎社長お一人です。

いま市場流通が劇的に衰退していますので、私もシェアでサポートしています。

首都圏卸売会社の経営者も覚醒してもらいたいものです。










一日200gの果物を食べましょう

青森市立古川小学校にて食育の出前講座を実施しました。

県内の青果・水産・花きの卸売会社で構成される青森県市場食育推進協議会の実施事業です。全校児童と保護者を対象に「果物のおいしい話」を演題に、果物が成長と健康に必要不可欠な大切な食べ物であること、その流通には公共施設である卸売市場が大きく寄与していることをお話ししました。

国が策定した1日の目標摂取量200gに対して、日本人はその半分しか食べていないことや、年齢別の格差が大きく小学生年代では56gにとどまっていることを紹介し、200gを達成するためには「毎日食べる」「100gのものを二つ食べる」「果物の旬を知る」の3つを心がけるようアドバイスしました。

ちなみに、事前アンケートでは古川小学校の児童は、小学生の全国平均の2倍にあたる110gを食べていました。

さすが青森の子どもです。







北上市産のいちご#紅ほっぺが初出荷されましたよ〜


 日本農業再生








ソーシアルメディアで青果物の流通


 

 

 

北上市産のいちご#紅ほっぺが初出荷されましたよ〜





 











シンタロー(田口慎太郎)@岩手県の八百屋‏ @shinta_taguchiさんからRT



#岩手県 #金ヶ崎町 からおはいちご。

岩手県北上市産のいちご「#紅ほっぺ」が初出荷されましたよ〜。

真っ赤で大粒で美味しそうです〜♬

今はまだ相場が落ち着いている苺ですが、来週から年末にかけては相場が毎年のように上がります!

たくさん食べたい方は今のうちに食べてくださいね〜(笑)










青森県産「わさび菜」始まりました

すばる会員

 

 


 

 








ソーシアルメディアで青果物の流通 








青森合同青果

青森合同青果株式会社





 

 

 

 

 

青森県産「わさび菜」始まりました






 

 


ギザギザした葉が縮緬状に縮れたかき菜の一種「わさび菜」。


柔らかく生食でき、わさびに似たかすかな辛味が持ち味です。ボリューム感があるため肉料理の付け合せやサラダ、刺身のツマも使われます。

サンドイッチやハンバーガーなどパンに挟むと辛味が活きて絶品です。価格も手ごろで食味がよいので、使い勝手がいい野菜として飲食店での評価が高く、プロの間では密かなブームとなってるようです。

画像は青森県つがる市(旧稲垣村)産。

夏にトマトやきゅうりの栽培に使うハウスを利用して12月から3月まで出荷されます。

かき菜のようにひとつの株から何度も収穫できます。農家の貴重な冬の収入源です。
似たような名前の「葉わさび」は全くの別物。「葉わさび」はわさびの若葉ですが、「わさび菜」は九州でよく食べられている「からし菜」を品種改良したものです。