2013年9月30日月曜日

地域再生はせり人の手で!



「すばる会員」入会案内



市場のせり人はむかしは徹底して産地をまわり、自分の手で産地を作ってきました。

タネも運んだのです。出来た産物は生産者の代わりに販売してあげました。

販売の前にまず産地づくりですよ!

ここが原点です。

そこを忘れていませんか?

で、産地づくりはどうすえばいいの?





9/30 おはようございます





 


おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝は稲穂とともに・・・








2013年9月28日土曜日

9/28  おはようございます





おはようございます

きょうも元気で素敵な出会いとソーシアルで楽しい週末を!

今朝はアイダテとともに・・・







2013年9月27日金曜日

恐るべし! 野菜類は一石三鳥の働きをしてる

http://subaru25.official.jp/








原 三郎さんからシェア



老化の原因の一つは、糖化(グルコースとタンパク質の化学反応、アミノカルボニル反応)である。

健康な人でも血液中にグルコースが含まれているので、必ず糖化が起こり老化する。

老化を防ぐためにとりあえずやれることは、食事に際して、前菜を増やすことだ。これによって、食後血糖値の増加はかなり抑制される。
桑の葉にも同じ効果があり、乾燥桑葉ならわずか1-2gで効果を発揮する。

野菜類に含まれるビタミンCやE,ポリフェノールなどの抗酸化物質は活性酸素を破壊する重要なものである。

活性酸素による体内成分の酸化は各臓器を劣化させる。酸化による劣化も老化の一形態である。

大腸に届いた糖質(食物繊維)は、腸内細菌によって消化され、二酸化炭素や水素に変換される。

二酸化炭素は血管拡張作用を持ち、水素は活性酸素の破壊を得意とする。このように考えると、野菜類は一石三鳥の働きをしている。大いにに野菜を食べるべしである。


原三郎さんのプロフィール
https://www.facebook.com/saburo.hara 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

194568d695f31236dca87f48fc62cd92.jpg 原三郎さん

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動
Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.


原三郎先生からのコメント

野菜類の意義は高まっています。こんなにいろいろな作用があるなんて、おそらく誰も想像していなかったのではないで

しょうか。

生産者の方々には、質の良い野菜類の供給に心を配っていただきたくようお願いしたいと思います。

9/27 おはようございます






おはようございます

きょうも元気で素敵な出会いとソーシアルを!

今朝はアイダテとともに・・・




2013年9月26日木曜日

「生産者」と「料理店」とのコラボが急速に拡大


「すばる会員」入会案内

日本農業再生では「青果物の流通」にフォーカスしています。 
このところ、「生産者」と「料理店」とのコラボが急速に拡大しています。
販売チャネルが①から②へと多様化してきました。

①生産者ー農協ー市場(卸、仲卸)ー量販店ー消費者
                      \八百屋
                     \ 料理店
②生産者料理店ー消費者
      \生産者直売所
      \マルシェ
      \加工業者
      \ネット販売(消費者)
      \量販店
      \市場(卸、仲卸、八百屋)
ポイントは生産では環境にあまり負荷をかけず安全、安心な野菜をいかに料理に使用してもらうかです。
薬膳料理の先生方を支援しています。

9/26 おはようございます





2013年9月24日火曜日

「都市型マルシェ」が増えている!





新鮮な野菜だけじゃない!

いろんな体験ができる「都市型マルシェ」が増えている!


大分で素敵な国際結婚式





9月21日、大分県速見郡日出町の歴史ある「的山荘」でとても素敵な国際結婚式が行われました。

米国人の新郎トム・フリストンさん(40)と新婦ゆかりさん(39)=旧姓阿部、大分市。

紹介してくれたのはカリフォルニア州サンディエゴで活躍される国際結婚成功コンサルタントの塚越悦子さん

大分に住む私のフェイスブック友人も個性派が多いので、このところ大分に吸い込まれています。

大分合同新聞のニュース記事

 「すばる会員」入会ご案内



 インターネットで販路を開拓したいが、 実際にはどうやっていいものやら? 
またフェイスブックやツイッターで、売上を伸ばしている人がいるって聞くけど、 一体、具体的には、どうやってるのか?  自然栽培で手間暇かけたので、それ相応の値段で 販売していきたいのだが、なかなか難しい。
 他の店では、あまり置いていない 特色のある物を販売したいが、何がよいのだろうか?  隣町の農家では、農協を通さずにインターネットの直販で 成り立っている所があるが、一体どうやったら それが可能なのか? そんな問題でお困りではありませんか?

この30年、青果物の流通問題を調査し、 日本国内のみならず、海外の産地セミナー経験豊富な私に 安心してお任せください!!

 「すばる会員」入会ご案内

2013年9月23日月曜日

菜食料理店の使命と近況報告



中尾昭さんは南カリフォルニアで菜食料理店をオープンさせて半年。

それまではロサンゼルスでも一二を争う焼肉レストランのマネージャーをされていました。

これは中尾さんが「菜食料理店の使命と近況報告」について語っている動画です。

肉食文化のアメリカでなぜ菜食レストランをオープンさせたのか、がとても素晴らしいです。

ぜひご覧を!





http://www.youtube.com/watch?v=IonVRetPdZY&feature=share&list=UUiBtQj0x-mtKMAWzRrzOjeA


香川県特産物「香川本鷹」はいま・・・





かつて塩飽諸島や荘内半島で栽培され、絶滅が危惧されていたトウガラシ。

タカノツメの一種で、長さが7~8センチと大ぶり、上品な香りと辛みが強いのが特徴です。

豊臣秀吉の朝鮮出兵に加わった塩飽水軍が戦利品として拝領され、香川県最古の特産農産物の一つとして伝えられています。

http://www.city.marugame.kagawa.jp/sightseeing/special/1_8.html





「すばる会員」入会のご案内


日本農業再生では「青果物の流通」にフォーカスしています。 
  とくにコンサル業務としては下記のことを重点にしています。



インターネットで販路を開拓したいが、 実際にはどうやっていいものやら? またフェイスブックやツイッターで、売上を伸ばしている人がいるって聞くけど、 一体、具体的には、どうやってるのか?  自然栽培で手間暇かけたので、それ相応の値段で 販売していきたいのだが、なかなか難しい。
他の店では、あまり置いていない 特色のある物を販売したいが、何がよいのだろうか?  隣町の農家では、農協を通さずにインターネットの直販で 成り立っている所があるが、一体どうやったら それが可能なのか? そんな問題でお困りではありませんか?

この30年、青果物の流通問題を調査し、 日本国内のみならず、海外の産地セミナー経験豊富な私に 安心してお任せください!!

 「すばる会員」入会ご案内はこちら

9/23 おはようございます






 

おはようございます

きょうも元気で素敵な出会いとソーシアルを!

今朝はセンニチコウとともに・・・










2013年9月22日日曜日

食生活に配慮し老化速度を遅くしょう!










食生活を改めるのは今からでも遅くはない

 

 







原 三郎さんからシェア

大腸で発生した水素は血液に溶けて全身に広がる。

水素は分子の中で最も小さいので、身体の中の如何なる場所にも広がることができる。細胞の中はおろか核の中まで入っていくことができる。

大腸で十分な量の水素が発生していると、細胞や核に水素が充満し、活性酸素に対する防御態勢が出来上がる。

活性酸素はどこで発生するか予測がつかない。

細胞の中、あるいは核の中でも発生する。

活性酸素に対する水素による防御態勢ができた身体では、何時如何なる場所においても活性酸を破壊することができる。

DNAの損傷を防ぎ、ガンの発生を予防さえすることができるのだ。

腸内細菌にあなた任せの働きをさせておいて、発生した水素を身体中で活性酸素の破壊に利用した我々の身体は実に巧妙にできている。

我々が血糖値と活性酸素によって老化するのは必然であるが、食べ物に配慮した食生活をする人は、血糖値を下げ、水素を発生させることによって、その老化速度を遅くしているのである。

早く老化することを望む人はいるまい。食生活を改めるのは、今からでも遅くはない。


原三郎さんのプロフィール

https://www.facebook.com/saburo.hara 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在




桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動
Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.









いいね! 緑提灯は!!





いずこも収穫の秋ですね・・・




9/22 おはようございます




 




2013年9月21日土曜日

大腸で二酸化炭素が発生することは・・・



原 三郎さんからシェア






食事の時に桑の葉を飲むことによってデンプンや砂糖の一部は消化されずに大腸へ移動する。あるいは野菜類を食べることによって、野菜類に含まれる食物繊維は消化されずに大腸へ移動する。

大腸では、様々な腸内細菌が大腸へ入ってきた炭水化物を消化する。

そして、短鎖脂肪酸が作られ、二酸化炭素、水素、メタンなども作られる。

二酸化炭素は水に溶けて炭酸水素イオンとなり、血液に溶け込んでいく。

大腸で発生した二酸化炭素が炭酸水素イオンとして大量に血液に溶け込んでくると、炭酸水素イオンを回収して酸素と置き換える必要がでてくる。

そのためには、大量の酸素を結合したヘモグロビンを送り込まねばならない。

血管は拡張し、大量の血液が流れ込む。

炭酸水素イオンには血管を拡張する作用があり、自らが血中の炭酸水素イオンを除去するための安全装置となっているのである。

炭酸塩の温泉に浸かっていると同じ事が起こる。

身体は温まり、いつまでもホカホカするのである。

大腸において二酸化炭素が発生することは、大腸で温泉と同じことが起こっているのである。

こんな方法で、我々の身体の血圧は一定の範囲にとどめているのである。

血圧の髙い人には、ぜひとも自分の食事内容を検討し、二酸化炭素が発生する食事に変更するよう勧めたい。