2013年10月31日木曜日

きょうは新しいスタートを!




マヤ歴(260日周期)では、きょうが正月だそうです。
しかも大安で一粒万倍日。

きょうは新しいスタートをしましよう。

10/31 おはようございます







2013年10月30日水曜日

10/30 おはようございます





おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝はオリーブとともに・・・





2013年10月29日火曜日

柿食えば 脂肪が減るなり ビタミンB








おかやまフルーツ桃太郎のレシピページからシェア







柿食えば 脂肪が減るなり ビタミンB






みなさんこんにちは。

フルーツ桃太郎のお供といえば… フルーツ ワン太郎 の栄養講座です。ワン♪

今週は11月に突入。フルーツ盛りだくさんな秋。たくさん食べられてますか?!
今回のビタミンシリーズ。続いては「ビタミンB」です。

ビタミンBは、B1、B2、B6、B12などの水溶性ビタミンを「ビタミンB群」と総称されます。

ビタミンB1は、炭水化物の分解を助けエネルギーに変えます。これが不足するとエネルギー源である糖が不足するため疲れやすくなり、肩こり、腰痛が、また脳も糖が大量に必要ですから集中力や記憶力の低下などの症状が出てきます。

ビタミンB6は、タンパク質の分解を助けアミノ酸に変えます。これが不足すると、ニキビ・肌荒れなどお肌の諸症状、口内炎も起きやすくなります。



10/29 おはようございます






 

 

2013年10月28日月曜日

10/28 おはようございます



 



おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝はカラスウリとともに・・・







2013年10月27日日曜日

工藤夕貴さんも自然栽培で稲作にチャレンジ

すばる会員入会案内 



フェイスブックで工藤 夕貴さんの写真をシェアしました。

木村秋則さんの門下生となり自然栽培で稲作にチャレンジ!



10/27 おはようございます








 
おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルで楽しい週末を!

今朝はジュウガツザクラとともに・・・








2013年10月26日土曜日

若き薩摩の群像






フェイブックの鹿児島県からシェア

【若き薩摩の群像】







そうです。この中に最年少の長澤鼎もいました。

鹿児島中央駅前(東口側)にあり、待ち合わせ場所としても利用される「若き薩摩の群像」1865年に日本の近代化のため、幕府に極秘で英国に派遣された若き留学生たちです。その中には、カリフォルニアのワイン王・長沢鼎(かなえ)や日本ビールの開拓者・村橋久成らがいます。19人の若者は、その後それぞれの道を歩んでいき、新政府や経済界などで活躍しました。
★詳細記事 薩摩藩英国留学生・長澤鼎を偲ぶ

10/26 おはようございます




おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝は竹とともに・・・





2013年10月25日金曜日

梅の薬膳としての効能は。。。




薬膳料理研究家・餅田 雅子さんからシェア



現在梅スィーツの試作をお受けしている和歌山の小森梅選堂さまより、今朝ものすごい数の梅グラッセなどが届きました。新商品へのお気持ちがすごく伝わって参ります。責任を持って取り組ませて頂いています。

梅の薬膳としての効能は、梅は「水毒、血毒、食毒」の三毒を消すと言われますね!浄血作用と殺菌作用で、むくみを解消して血流を良くし、食中毒を予防するなど身体にとっても良い効果があります。またのどの渇きを癒やして咳を止めるのにも効果的です。

梅は体内をアルカリ性にして血液をサラサラに!季節の変わり目で疲労が回復しにくい方にもイライラなども防止して疲れ知らずにしてくれますよね~。スポーツの後の体力回復には梅に多く含まれるクエン酸が新陳代謝を促進して効果的ですね(^0_0^)/

*《薬膳のお話&ケーキの絵画展&ソプラノ Xmasスペシャルコンサート♪》素敵なひと時をご一緒に~(^0_0^)/

https://www.facebook.com/events/325267490946642/

*「大和薬膳料理教室」のグループページでは、どなたでもご自由にご参加頂けます。只今しばらくの間「公開」にさせていただいてますのでお役立ち記事をお読みいただけます。

【薬膳一口メモ】では旬の食材の効能などをUPしています。グループにご参加のみなさんのレシピも魅力的!!どうぞお気軽にご参加くださいね^^

 http://www.facebook.com/groups/yamatoyakuzen/

貿易自由化が日本農業をダメにするのではない




貿易自由化が日本農業をダメにするのではないよ!

これは政治問題でウソだよ。

じゃ、この問題はどう説明するのよ?

野菜や果物はバナナの輸入自由化、オレンジの自由化、りんごの自由化を経てきたが基本的には,コメや畜産と違い貿易自自由化で野ざらし状態だった。

あるのは植物防疫の問題だけだ。

なぜ最初から自由化に晒された野菜やくだものは自滅しないで、いまや日本農業のなかでは主食のコメや畜産より大きな農業産出額で足腰が強いのよ?






10/25 おはようございます






 

おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝はナツハゼとともに・・・







2013年10月24日木曜日

10/24 おはようございます



おはようございます

きょうも素敵な出会いとソーシアルを!

今朝は白バラとともに・・・




2013年10月22日火曜日

これが幻の西洋なし「コミス」だ!







私の友人でいまは亡き「食品広場」を運営していた川島佐登子さんが書いた幻の西洋なし「コミス」の紹介記事を思い出しています。

幻の西洋なし・コミスの生産者は群馬県渋川市の見城 彰さん。

その一部をご紹介します。

天皇の料理番・秋山徳蔵さんがコミスの味を絶賛したと言われます。確かに巷間いわれるスイーツの人工的な味とは比較になりません。
 
なぜコミスが日本の西洋なしの主力品種になっていないのか、私は無謀にも全国一の青果物取り扱いをする大田市場・東京青果に電話をしました。

西洋なしの担当者を紹介してほしいとお願いしたところ、たまたま電話のすぐ近くに東海林さんがいて、コミスを栽培しているので情報がほしいとお願いしたところ、「コミスを栽培している、本当?」とビックリされ、こちらもそんなにすごいのかとビックリしました。

小売店も回ってみましたが、コミスを知っていたのは神田万惣、新宿高野さんぐらいでした。

私も失敗に失敗を重ね、毎年始めは東海林さんに任せておけと言っておきながら、収穫時期になると「スマン、失敗」の連続でした。最後は開き直って、私の自慢は失敗の数だけ、失敗の数なら他の西洋なし栽培者の誰にも負けない(これは事実だと思います)、というしかないといった状況でした。

性格的にプラス志向ですから、失敗にもめげず2000年やっとコミスの最大の問題点である、「毎年安定して充実した花芽がこない」というのを克服し、やっと安定した花芽が来るようになりました。

これでやっと経済栽培に成功した、といえるのではないかと思っています。

「今年こそ」と東海林さんに言うと、もう笑われるかもしれませんが、「今年こそ」と思っています。失敗したら、「それがコミスだ」と開き直ればいいだけですから。

コミスは国内の知名度はゼロです。帝国ホテルやホテルオークラ、ニューオオタニでも知っている人はいませんでした。

果物の本にもほとんど掲載はありません。掲載されていても、幻の名果とか、品質最高の西洋ナシと掲載されているだけで、味に言及した本には出会っていません。

秋山徳蔵さんの著書に味に言及した文章があるくらいです。ちなみに大正4年4円から5円というと米60kgと同じ値段になります。

10年前まではこうした状態でした。

ところが近年は山形でもかなり栽培が導入されています。検索しますとたくさん西洋なしコミスがヒットします。

今朝、フェイスブックを見てますと、大阪市中央卸売市場・本場、東海商店の藤原剛さんがコミスの写真を使ってました。さっそく取材しました。



藤原さんところでは福岡の果実専門店まで販売しています。

福岡大同青果や北九州青果の果実部では西洋なし、とくにコミスなどの集荷はできていないでしょう。まだ特殊な販売ですから。

小売価格は安いところで1個当たり千円前後。お店に追熟の時期、食べごろをご確認ください。熟女を相手するようにワインとともにご賞味ください。

藤原さんは西洋なしの販売を次のように話してくれました。
バートレット、
オーロラ、
マルゲリットマリーラ、
カリフォルニア、
コミス、
の順に販売していただき、2〜3種類をかぶらせ売場作りを…
月末に出荷されるラ・フランスを前にバラードを低価格で販売する予定です。

こうしたコミスのような特殊な販売を考えても、中央卸売市場としての機能は大田市場と大阪本場が残ればそれで十分です。

あとの市場はデポ的な機能となっていくでしょう。

10/22 おはようございます





 

2013年10月21日月曜日

東京都の大田市場(水産部)で「おおたの“朝獲れ”鮮魚ボックス」 流通テスト好評










一心太助の心意気を見せておくれ!!



大田市場とは
平成元年に、青果の旧神田市場・荏原市場、水産の大森市場を統合して開設しました。平成2年には、城南地域の花き地方市場を統合してさらにスケールアップし、青果部・水産物部・花き部の3部門を有する総合市場となっています。

青果と花き部は文字通り日本一の取り扱いをする中央卸売市場です。しかし水産は築地が本拠地で主力流通を展開しているから、大田市場の水産部は付け足し的存在であった。

そこで、東京都ではこれは何とかしないといかんということで、産地市場と消費地市場が連携して築地でできない小さな流通の改善をめざしている。それが「おおたの“朝獲れ”鮮魚ボックス」 流通テスト開始だ。

東京都では今年度は、首都圏に近い産地市場である小田原魚市場と連携し、その日の早朝に相模湾で獲れたばかりの魚を「おおたの朝獲れ鮮魚ボックス」として、その日中に首都圏の飲食店に流通させる実証事業を行います。本事業を通じ、大田市場水産物部の活性化と首都圏消費者の水産物に対する満足度の向上を目指して取り組んでまいります。



1 主旨

 東京都中央卸売市場大田市場水産物部では、市場を取り巻く厳しい環境の下、取扱量の低下が懸念されており、平成24年度に「大田市場水産物部経営戦略」を策定しました。戦略では、取扱商品の魅力を高める取組の一つとして「活魚・朝獲れ鮮魚取扱拡大事業」を立ち上げ、他市場にはない鮮度感あふれる商品の開発を進めることにより市場活性化と消費者の皆様の水産物に対する満足度向上を図ることといたしました。 

 この度は、首都圏に近い漁港・産地市場である㈱小田原魚市場と連携し、その日の早朝に相模湾で獲れたばかりの鮮度抜群の魚を「おおたの朝獲れ鮮魚ボックス」として、獲れたその日中に首都圏の飲食店で消費者の皆様に召し上がっていただく取組を開始します。



2 概要

●販 売 日 ・・・ 10月4日(金)、11日(金)、18日(金)、25日(金) 計4日間 
          ※海の時化(しけ)等により予告なく中止する場合がございます。 
           予めご了承ください。

●協力産地 ・・・ 株式会社小田原魚市場 



●取組内容 ・・・ 早朝3時に小田原漁港に水揚げされた相模湾の魚を、大田市場水産物部
          が「おおたの朝獲れ鮮魚ボックス」として朝7時頃より首都圏の飲食店
          等へ販売し、販売当日中に、朝獲れの魚を消費者の皆様へご提供いただ
          く予定です。

3 取組のポイント

 一般的な水産物の市場流通では、水揚げ当日の朝から産地市場で魚が取引され、首都圏などの消費地市場(築地市場や大田市場など)にお昼以降に商品が到着します。その日は冷蔵庫などに一旦保管され、翌朝に取引されて首都圏のスーパーや居酒屋などに納品されるため、消費者の皆様の食卓に届くまでに少なくとも1日以上かかっていました。

 今回、新たに取り組む市場流通では、早朝、漁港で水揚げされた魚をすぐに産地市場から出荷し、朝6時までに大田市場に到着させることにより、その日に取引することができます。このため、獲れたその日の午前中に、首都圏の飲食店などに納品することが可能となり、漁港から1日かからずに首都圏の消費者の皆様に召し上がっていただくことが出来ます。


4 タイムスケジュール

AM3:00~4:30 小田原魚市場
 小田原市漁協等の漁師の皆様が、相模湾に仕掛けられた定置網で漁獲された魚を早朝3時頃から小田原漁港で水揚げします。漁港では、㈱小田原魚市場の熟練の担当者が、港から入荷した魚を鮮魚ボックス(50ケース程度:予定)に詰め、午前4時30分までに大田市場に向けてトラックが出発します。 

AM6:00~7:00 大田市場
 小田原魚市場から「おおたの朝獲れ鮮魚ボックス」を積んだトラックが、午前6時頃、大田市場の水産棟に到着します。卸売業者(大都魚類㈱ 大田支社)から、各仲卸業者に販売されたのち、7時頃から順次、仲卸業者により首都圏の飲食店へ配達されます。なお、今回は、大田市場の仲卸業者の中から、「㈲若松屋(wakamatsu-ya.com)」、「尾坪水産㈱(otubo.co.jp)」「㈱紙安東京」、の3社が本商品を飲食店等へ販売いたします。

AM11:00~ 都内飲食店ほか 
 大田市場を出発した仲卸業者の配送車により、9時頃から順次、首都圏の飲食店に「おおたの朝獲れ鮮魚ボックス」が納品されます。一例として、東京駅八重洲地下街の飲食店「海賓亭」(東京都中央区八重洲2-1-1)では、大田市場の仲卸業者である㈲若松屋より入荷した朝獲れの魚を使った特製の海鮮丼を当日のランチにて提供しています。 

10/21 おはようございます