2017年7月21日金曜日

早起きしてじっくりとハスを鑑賞してみませんか?















農林水産省 maff からシェア





歴史だけじゃない

~ハスの秘密~

 

 

古来より短歌や俳句で夏の季語として詠まれ、長く親しまれてきたハスは、この時期に幻想的な花を咲かせます。

花が散って、中心部にできるシャワーヘッドのような形のものが花托。

この形状が蜂の巣に似ていることから、「はち巣」となり、「はす(ハス)」とよばれるようになったのだとか。

ちなみに、中華料理で使われる「散蓮華(ちりれんげ)」は、ハスの花が散った一枚の花びらの形からきています。

また、葉の表面の撥水効果が高いのも特徴で、コーティング技術への応用研究が進んでいるそうです。

朝早くに開き、昼過ぎには閉じてしまい、咲いているのも3~4日と儚いハスの花。


早起きしてじっくりとハスを鑑賞してみてはいかがでしょう。





0 件のコメント:

コメントを投稿