2017年5月9日火曜日

季節の演出   【澤光青果 便り】№75

 澤光青果は八百屋のいちばん星だ!
 
なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ! 

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。





//////////////////////////


【澤光青果 便り】№75



おはようございます


さて本日のおすすめ品は・・・






 

本日のおすすめ品 

 


栃木県産    『さやえんどう』

アメリカ産   『アメリカンチェリー』


さやえんどう

えんどうは大きく分けて、若いさやを食用とする「さやえんどう」と、未熟な豆を利用する「実えんどう」、そして完熟した豆を乾燥させて利用する「えんどう」があります。

さやえんどうの代表は「絹さや」で、実えんどうの代表は「グリーンピース」。

また、スプラウトの一種「豆苗(とうみょう)」はえんどうの若芽です。

さやえんどうの中でも絹さやは色鮮やかで食感もよく、煮物やお吸い物などの彩りとして最適。

最近はふくらみのある「スナップえんどう」や「砂糖さや」なども人気です。

サヤエンドウの選び方
さやがきれいな黄緑色で、張りがあってみずみずしいもの。

先端についているひげが白くてピンとしていて、中の豆のふくらみが小さいものを選びましょう。

豆が大きいと育ちすぎでかたく、食味が落ちることがあります。

また、さやが黄色っぽくなっていたり、ひげが変色しているものが古いので避けましょう。

新鮮なさやえんどうは、折ったときにパキッとなります。


アメリカンチェリー

アメリカンチェリーはバラ科サクラ属のフルーツで、アメリカのカリフォルニア州と、オレゴン、ワシントン州の2大産地があり5月から6月にかけてはカリフォルニア州から、ワシントン、オレゴン産は6月中旬から7月にかけて出回ります。

日本に輸入されているアメリカンチェリーは、5月から7月に出回っているのがアメリカ産、冬場に出回っているのはニュージーランド産です。

とても痛みやすいフルーツなので、新鮮な間に早く食べることが美味しくいただく秘訣です。

表面にツヤがあり、軸がしっかりしていて、青々しているものが新鮮です。

甘味の濃いアメリカンチェリーを見分けるには、赤色の濃いものを選ぶといいでしょう。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

澤光青果 宮下



0 件のコメント:

コメントを投稿