2015年10月11日日曜日

「 藤沢かぶ 」から学ぶ価値の創造


伝統野菜「藤沢かぶ」の復活を願って!

 

 


「文化財的価値」の意味を理解しそれを支えたのが地元の有志、料理人、購入者(漬物屋)、学術機関、映像クリエイター、立場の違う人々だった。

一昔前なら、ここに市場の人たちが絡んだのだが今はすっかりカヤの外。存在価値を失くすとともに市場外流通の拡大にますます拍車がかかっている。


詳細はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿