2018年4月4日水曜日

Volume of Australian wheat exports is projected to rise over the medium term.











海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー











豪州の小麦輸出は、中長期的に上昇する見通し

Volume of Australian wheat exports is projected to rise over the medium term.

 

 








豪州農業資源経済科学局(ABARES)によれば、2018/19年度の豪州からの小麦輸出量は、前年度を3.2%下回る16.3百万トンとなる見込みです。

しかし、中期的には、生産量が増加し、アジアの輸入需要増加が見込まれることから、輸出量は、2022/23年度にかけて上昇傾向で推移する見通しです。

本日の写真は、2月末に、2018/19年度の播種に向けて、トラクターで圃場整備をしている様子です。

豪州の小麦は、例年4~6月に播種され、10~12月に収穫されます。


◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

+++++

According to the report released by ABARES, wheat exports are forecast to fall by 3.2 % to 16.3 million tonnes in 2018/19, but rise over the medium term, each year to 2022-23, in response to higher domestic production and increased import demand from Asia.

Today’s photo shows a grower is using a tractor and piece of machinery to prepare his soil in order to plant 2018/19 seeds in the end of February 2018.

In Australia, wheat is usually sown during April and June, harvested during October and December.

#Australiawheat #オーストラリア小麦 #beforeseeding #播種前




0 件のコメント:

コメントを投稿