2017年7月12日水曜日

Harvesting rapeseed at Hubei, China.

海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー












収穫期を迎えたなたね畑(中国・湖北省)
Harvesting rapeseed at Hubei, China.







中国では、例年、なたねの播種は10~11月頃、収穫は翌年5~6月に行われます。
写真は、5月15日現在の湖北省のなたねの収穫作業の様子です。

当圃場では、作業委託により、5月14日より収穫作業が開始されました。
朝6時から夜9時まで15時間収穫し、1日当たりの収穫面積は約4ヘクタールです。

委託費用は、収穫機賃借費、人件費、ガソリン代等を含み、1ヘクタール当たり約19,000円です。
当圃場のなたねの単収は、1.87トン/ヘクタールと平年より低くなりました。

今年度は新品種を導入したのですが、この品種は、通常より10日ほど早く収穫できるという利点があるものの、単収が下がってしまったそうです。


◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」


0 件のコメント:

コメントを投稿