2017年7月12日水曜日

暑い時季にぴったりの「冷奴」

農林水産省 maff からシェア






冷たいやつ




今日は、ビールのつまみにも、手軽な食卓の一品としても、暑い時季にぴったりの「冷奴」のご紹介です。

冷奴の「奴(やっこ)」の由来は、江戸時代、大名行列の先頭で槍を振っていた奴さんの紋が、白くて四角い形をしていたことから、豆腐を四角く切ることを「奴に切る」と言うようになり、それがいつしか豆腐そのものを指すようになったと言われています。

さて、豆腐には、「木綿」と「絹ごし」の2種類ありますが、名前の由来をご存じでしょうか?

木綿豆腐は、穴のあいた箱に木綿を敷いて豆乳を入れ、重しをして水を切りながら作っていたから。

絹ごし豆腐は、豆乳自体を型に流し入れて固めたもので、食べた時の口当たりが絹のようにきめ細やかなことからきているそうです。

冷奴にするなら、しっかりした食感の木綿豆腐にするか、滑らかな絹豆腐にするか。

担当Yはどちらも好きなので、気分によって変えています。

また、トッピングを変えることで、様々なアレンジも楽しめます。

皆さんは、冷奴は木綿派ですか?

それとも絹ごし派ですか?

そしてお好きなトッピングは何ですか?



 

0 件のコメント:

コメントを投稿