2017年4月1日土曜日

春堀りごぼう、入荷ピーク







青森合同青果株式会社 からシェア



春堀りごぼう、入荷ピーク

 

 

 




平成29年度がスタート。

今年度も、卸売市場ならではの新鮮な情報を毎日(開場日だけですが…)発信してまいります。

野菜と果物の魅力を感じていただくとともに、卸売市場流通への一層のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

「ごぼう」は本県を代表する野菜のひとつです。

収穫量のシェア35%で日本一、第2位茨城県の約3倍です。本県での基本的な作型は春に播種し秋に収穫する「秋堀り」ですが、そのうちの3割程度は畑で越冬させ翌年の春に収穫します。

これを「春堀り」と言います。今週は「春堀り」ごぼうの入荷ピークとなっています。

28年産の青森県産「秋堀り」ごぼうは、夏の台風被害による収量減で高値取引きが続きました。

平均卸売価格は史上最高値を更新したものの、ここにきて相場は息切れ状態。

3月の平均卸売価格は急落し、前年なみまでダウン。

需要期も過ぎ、加工筋からの引き合いも弱いため、このまま軟調相場で終わりそうです。





0 件のコメント:

コメントを投稿