2018年6月7日木曜日

昔懐かしい果実










 







昔懐かしい果実




童謡「赤とんぼ」で歌われている「桑の実」。
かつて日本で養蚕が盛んだった頃は、蚕の餌として桑が多く生産されていたため、桑畑のあった農山村では身近な果実だったそうです。

英語ではマルベリー(Mulberry)。

今はジャムやケーキなどに用いられることが多く、むしろこちらの呼び方の方がお馴染みかもしれません。

桑の実が食べ頃となるのが、6月のおよそ1ヶ月間。

ちょうど今のこの時期です。

桑の実は、ラズベリーなどと同じように小さな粒が集まって1つの果実となっていて、熟すにつれて赤っぽい色から黒っぽい色に変化していきます。

赤っぽいものは酸味がかなり強いので、生で食べる場合はよく熟した黒っぽいもの選ぶと良いそうですが、生の桑の実はとても傷みやすいため、市場に出回ることはほとんどありません。

冷凍されたものは比較的入手しやすいですが、摘んで食べることができるのは、桑の木が身近にある方だけのお楽しみかもしれませんね。



0 件のコメント:

コメントを投稿