2018年6月27日水曜日

ロシア南部のヴォルゴグラード州の冬小麦











海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー











ロシア南部のヴォルゴグラード州の冬小麦










写真は、ロシア南部のヴォルゴグラード州の冬小麦です。

現在、ワールドカップが、ロシアで開催されているところですが、実は、世界一の小麦輸出国です。

6月28日に日本戦が予定されているヴォルゴグラードは、ロシア南部のカスピ海近くのヴォルガ川沿いの交通の要所です。
その周辺の平野は、ロシアにおける冬小麦の産地です。

ロシア料理でも、小麦は、ピロシキなどで食べられています。
 
生産者によると、同州では、当初、乾燥懸念がありましたが、この圃場では、春先に一部冠水する程の多くの降雨があり、水が多くなりました。

この冬小麦は、分げつ期晩期を迎えていますが、その一部は水分過多となっています。

◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」









0 件のコメント:

コメントを投稿