2017年8月7日月曜日

The trial growing of a new type of canola at Australia.














海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー












なたねの新品種の試験栽培(豪州)
The trial growing of a new type of canola at Australia. 

 

 

 

 

 

 


豪州のなたねの播種作業は、4月初旬から開始され、5月末までにほぼ終了しました。
写真は、ニューサウスウェールズ州のなたね畑です。

この圃場では、企業による新品種の試験栽培が行われています。

このように、生産農家が企業からの報酬や製品の試用等を目的として、企業と契約を結び、実際の圃場で試験栽培を行うことがよくあります。

この圃場では、インドで開発された新品種の種子が、オーストラリアでの栽培に適しているかどうか、検証が行われています。

この種子は、オーストラリアで栽培できる可能性があるものの、オーストラリアで一般的に栽培されている品種に比べ、生長速度がわずかに遅いようです。

もし、この新品種の単収が、通常のなたねより低かった場合は、その差額分を企業が補填することになっています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

0 件のコメント:

コメントを投稿