2017年8月13日日曜日

フランス語ではバーバパパと















農林水産省 maff からシェア








フランス語ではバーバパパと

 

 









汗をかくこの時期、手軽な熱中症対策として塩飴が重宝されていますが、飴といえばもともと日本では水飴のこと。

平安時代から売られていたようですが、その用途は甘味料だったように、やはり飴は甘いものが定番です。

特に夏祭りの屋台でも見かける綿飴は、子どもの好奇心をくすぐって、おねだりする光景を見かけるように昔から人気があります。

最近では色や味、大きさ、形がバラエティに富んで、大人でも心ひかれるものが登場。呼び方は地域によって綿菓子とも言いますが、どちらも主にザラメを材料として作られるもので、違いはありません。

また、フランス語ではバーバパパと呼びます。

直訳した「パパのひげ」から転じているようです。
そういえば、我が家の子供たちも綿飴をあごひげに見立て、顔をベタベタにしていました。

ひげにふわふわ感はないと思いますが、皆さんはどう思われますか?




0 件のコメント:

コメントを投稿