2017年8月3日木曜日

青森市中央卸売市場の7月の販売統計


http://subaru25.official.jp/ 


















青森合同青果株式会社 からシェア







野菜全面安、価格低迷は深刻





青森市中央卸売市場の7月の販売統計がまとまりました。

指定野菜14品目合計の平均卸売価格は平年比75%の79円。キロ単価100円を下回る極度の安値となりました。

平年価格を上回ったのは「ねぎ(106%)」のみ。他はいずれも平年を下回り、特に「人参」は平年比59%とほぼ半値でした。


◆平年より高い(125%以上)
※該当なし

◆平年よりやや高い(111%以上125%未満)
※該当なし

◆平年並み(90%以上111%未満)
ねぎ、ほうれん草、ピーマン▼

◆平年よりやや安い(80%以上90%未満)
きゅうり▼、里芋、トマト▼、白菜▼、なす▼

◆平年より安い(67%以上80%未満)
馬鈴薯▼、大根▼、レタス▼、玉ねぎ▼、キャベツ▼

◆平年よりかなり安い(50%以上67%未満)
人参▼


14品目中11品目が前月よりもランクダウン。雪崩を打ったように相場が崩れました。

7月上旬の全国的な猛暑による需要不振が最大の原因。再生産価格を下回っている大型野菜では圃場廃棄も始まっており、農家経営に大きな打撃となっています。

価格浮揚には力強い需要が必要です。野菜をどんどん食べて消費拡大にご協力をお願いします。


 





0 件のコメント:

コメントを投稿