2017年7月26日水曜日

Rapeseed is growing steadily in Australia.














海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー












なたねは順調に生長中(豪州)
Rapeseed is growing steadily in Australia.

 

 

 






豪州の2017/18年度のなたねの播種作業は、4月初旬から開始され、5月末までにほぼ終了しました。

写真は、5月30日現在の西オーストラリア州のなたね畑の様子です。

この農家は、例年より早くなたねの播種を行いました。現在、本葉が3~5枚出ている段階で、平年より生長が早く、作柄も良好となっています。

この農家は、なたねの種子をオート麦の刈り株の間に播種しました。

この播種方法は、なたねの生長に必要な土壌の栄養素を増やし、土壌の水分を増加させることができる反面、害虫が生息できる場所を増やしてしまう可能性もあります。

このため、農家は今後数ヶ月間、なたねの生育状況を注意深く見守る必要があります。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」






0 件のコメント:

コメントを投稿