2017年7月3日月曜日

夏秋キャベツ生産量日本一の群馬県


農水省のロゴ





農林水産省 maff 




高低差を有効利用


 

 

 

 

 

夏秋キャベツ生産量日本一の群馬県。

中でも一大産地である嬬恋村は、標高800~1,400メートルに位置する高原地帯です。

夏の冷涼な気候がキャベツの生育に適していることと、昼夜の気温差により、甘みのある美味しいキャベツが収穫できます。

また、標高の高低差を利用して播種・収穫時期をずらすことで、長期間にわたって収穫できることも特徴です。

嬬恋村では、この標高差をキャベツにとどまらずマラソン大会にも利用。

“日本一過酷なコース”と銘打った「嬬恋高原キャベツマラソン大会」を開催しており、今年は今日(7月2日)行われました。

一面キャベツ畑の中を駆けるコースはアップダウンが激しく、特にゴール前の急坂ではランナーから思わず悲鳴が。

また、参加者には嬬恋キャベツが贈呈されますが、自慢の品は疲れた身体にズシリと重く、嬉しい悲鳴も聞かれるそうです。




0 件のコメント:

コメントを投稿