2017年5月18日木曜日

プリンスメロンの世代別認知度


















青森合同青果株式会社からシェア


 

 

ジェネレーションギャップ!

 

 

 






「プリンスメロン」は昭和40年代に一世を風靡した大衆メロンのさきがけ。

実は私と同い年で、子どものころにメロンと言えばまさにコレ。


それ以前は、超高級品種の「アールス」か在来種の「まくわうり(マガ)」しかありませんでした。

香りがいいので社長室に飾ったところ、ここでちょっとした事件が発生。


4月に入社したばかりの総務部の女子社員2名が、「プリンスメロン」を知らなかったことが判明。


見たことも聞いたこともないとのこと。「マジか?」と驚くベテランの先輩社員。これぞジェネレーションギャップ。


さっそく食べてもらいましたが、「甘くておいしい!」と評価は上々でした。




ちなみに、世代別の認知度は以下の通り。



◆10代…存在すら知らない

◆20代…名前は知っているが食べたことはない

◆30代…以前食べたことがある(ような気がする)

◆40代…食べたことはあるがあまりおいしくなかった

◆50代…子どものころよろこんで食べた

◆60代…プリンスもいいが「マガ」が懐かしい(笑)






0 件のコメント:

コメントを投稿