2017年5月31日水曜日

【澤光青果 便り】№96  きょうのおすすめ品は何だろう?

 澤光青果は八百屋のいちばん星だ!
 
なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ! 

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。





//////////////////////////


【澤光青果 便り】№96




おはようございます


さて本日のおすすめ品は・・・






 

本日のおすすめ品 

 

 

 

 

岡山県産『マスカットオブアレキサンドリア』


長野県産  『ルバーブ』





マスカットオブアレキサンドリア

父の日ギフトにこちらも根強い人気がございます!

全国一の生産量を誇る岡山は国産マスカット・オブ・アレキサンドリアのパイオニア。

香水のムスクのように豊かな芳香と、発祥地・エジプトのアレキサンドリア港から各地に広がったことに、その名が由来する「マスカット・オブ・アレキサンドリア」(以下マスカット)。

かつて、クレオパトラも愛したといわれるエメラルドグリーンの美しい果実は、上品な香り、奥行きのある甘さ、瑞々しい果汁が特徴のいわずと知れた高級ブドウです。

その高貴な味わいと姿から「果物の女王」と称され、紀元前の昔から多くの人を魅了してきました。そんなマスカットの全国生産量9割を占める一大産地が、ここ岡山です。

岡山でのマスカット作りの歴史は、今から約130年前の明治19(1886)年にまでさかのぼります。

当初は、岡山をはじめ、兵庫や大阪など、全国で栽培が進められましたが、高温・多湿な日本の風土に馴染まず、各地で難航。

そのようななか、岡山がいち早く温室栽培を採用したことで、マスカットの生育に成功。

日照時間は長く温暖でかつ降水量は少なく、台風などの気候災害も少ない瀬戸内の気候風土に、先人たちの栽培研究と並々ならぬ努力が加わって、岡山にマスカットが着々と根付いていきました。


ルバーブ

ジャムにすると真っ赤に仕上がります!

女性に大人気でございます。

ルバーブは野菜の一種で、シベリア原産のタデ科の多年草です。食用とする葉柄にはフルーティな香りと爽やかな酸味があり、食物繊維・カリウム・ビタミンCに富みます。

欧米ではルバーブはプリン、ケーキ、ソース、ゼリー、ジャムなどに加工されますが、なかでもパイにつめたルバーブパイは珍重されています。

日本には明治時代に西洋野菜として長野県下に伝来し、特に近年では食の西洋化とともに知名度が向上してきています。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

        

  澤光青果 宮下


0 件のコメント:

コメントを投稿