2017年5月21日日曜日

【澤光青果 便り】№86  きょうのおすすめ品は何だろう?

 澤光青果は八百屋のいちばん星だ!
 
なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ! 

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。



やっぱり消費者はネアカな人に吸い寄せられていきますから、

販売前線基地の現場ではそれを体感するはずです。

きょうもハリキッて参りましょう。



//////////////////////////


【澤光青果 便り】№86




おはようございます


さて本日のおすすめ品は・・・






 

本日のおすすめ品  

 

 

長野県産    『クインニーナ』

島根県産    『生椎茸 雲太うんた1号』



 

クインニーナ  
 
「クイーンニーナ」は、果皮が赤色をした大粒の新品種。「安芸津20号」と「安芸クイーン」を交配して生まれたもので、「巨峰」や「ピオーネ」よりやや遅い時期に収穫でき、栽培によって種なしにもなる。

粒の大きさは17gと大粒。糖度は、「巨峰」、「ピオーネ」より高く、酸含量は少なめ。「巨峰」、「ピオーネ」より果肉が硬くて食感にすぐれ、香りもよいぶどう。

「クイーンニーナ」の「クイーン」は「安芸クイーン」から、「ニーナ」は旧系統名「安芸津27号」の「27」から。スペイン語で女の子を意味する「NINA(ニーニャ)」にちなんで、「クイーンニーナ」と命名。


生椎茸雲太1号
島根県産地直送商品「雲太1号」菌床栽培用シイタケ新品種です。

雲太ー1号は通常のシイタケの約3倍の大きく肉厚、原木シイタケに近い食感、食味が特徴です。

しいたけは食用きのこの代表選手の1つで、煮物や鍋物などに欠かすことのできない食材です。

現在、しいたけは「原木栽培」と「菌床栽培」の2種類の栽培法で作られています。

原木栽培はクヌギやコナラなどの丸太に種菌を植える栽培法。

もう一方の菌床栽培は、おがくずに米ぬかやふすまなどを混ぜて作った培地に植えて育てる方法です。

どちらも最初はおまんじゅうのように傘が丸まっていて、それがだんだんと開いていき、最後に傘が平べったくなります。

しいたけを干した乾燥しいたけは長期保存に最適。香りやうまみも凝縮されていて、水で戻すだけで調理できて大変便利です。

乾燥しいたけはおもに香りやうまみ成分を生かす調理に向いていて、生のしいたけは食感や風味を味わうのに適しています。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。



                   澤光青果 宮下

0 件のコメント:

コメントを投稿