2017年4月7日金曜日

「おっぱい」よりも・・・








青森合同青果株式会社からシェア




「おっぱい」よりも…

 

 

 




JA十和田おいらせ・ももいし支店から「とちおとめ」が入荷中。

高い水準で食味が安定しており、現在入荷中のいちごの中で買い手の評価が高い産地のひとつです。

同地の「おっぱいいちご」はマスコミ等でしばしば紹介されますが、そちらの品種は「麗紅(れいこう)」。

食味、収量、棚もちなど多くの面で現行の主力品種である「とちおとめ」や「さちのか」の方が勝っているため、年々作付けが減少しています。

「経済性だけで品種の優劣は決まらないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、販売目的で栽培している以上、経済性は品種選定の最も重要なファクターです。






0 件のコメント:

コメントを投稿