2017年2月4日土曜日

原産地は広島県因島





「すばる会員」入会のご案内




 







青森合同青果株式会社からシェア



 




原産地は広島県因島

 

 

 


中晩柑の重鎮「八朔」。

原産地である広島県産の入荷が始まりました。

「八朔」が発見されたのは江戸時代末期、村上水軍の居留地だった因島のお寺の境内で見つかりました。

南方や大陸から渡来したさまざまな柑橘類が自然交配してできたのではないかと言われています。

しまなみ海道で結ばれた隣の生口島で栽培されたのが画像の「瀬戸田のはっさく」、青森では馴染みの深い産地です。

「八朔」の持ち味は、プチプチした食感、さわやかな香り、上品な酸味・ほろ苦さ・すっきりした甘さのハーモニー。

大人の味です。

今の時期は出張の際に必ず2~3個持参し、新幹線や飛行機の中で食べるようにしています。

香りを楽しみながらゆっくり皮をむいていると、移動中の気分転換にもってこい。

ひそかに需要拡大も期待しています(笑)




0 件のコメント:

コメントを投稿