2016年9月8日木曜日

絶対量不足から相場は続伸



「すばる会員」入会のご案内





青森合同青果株式会社からシェア




【台風10号の爪痕②】

絶対量不足から相場は続伸

 

強風に煽られて葉がかき乱されまるで山姥の髪のように



上北地方の野菜産地では先週の台風10号上陸の影響がいまだに尾を引いています。

そのひとつが、これから出荷の最盛期を迎える秋の大根。

強風に煽られて葉がかき乱され、まるで山姥の髪のようになっています。

葉の付け根が割れたものはすべて加工向け。

泥をかぶって全体的に肌が茶ばみ、水はけの悪い圃場では横縞症も発生、正品率が大幅にダウンしています。

前の週は8割だったのが6割まで低下。

回復まで数週間かかる見込みです。

競合産地の北海道産はもっとひどい状況です。

絶対量不足から相場は続伸。

消費者の皆さんからは「品物が悪いのに高いなんて…」という不満の声が聞こえてきそうですが、「作柄が悪いがゆえに品薄で単価が高くなっている」ことをぜひご理解ください。





0 件のコメント:

コメントを投稿