2015年10月8日木曜日

タネの移動で北前船の果たした役割は大きい




 

山形県の在来作物と食文化からシェア




畑なす-hatanasu-の「畑」は、はたけではなく地区の名称。


300年以上前の江戸時代から育てられてきた。


諸説あるが、北前船によって上方の文化とともに、
港町酒田から最上川を経由してその種が畑地区に持ち込まれたと言われている。


そう考える理由は二つある。



続きはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿