2015年8月22日土曜日

深刻な米国カリフォルニア州、干ばつの被害


 
 






 海外食料需給インフォメーション
 
                   -農林水産省食料安全保障課ー


  

   


米国カリフォルニア州で、干ばつの被害が広がっています



.

 米国の米の生産量は約700万トンで、その半分の約350万トン(2015/16年度、精米ベース)が輸出されており、一部は日本にも出荷されています。


 アメリカの米の主産地は、アーカンソ-州等南部及び中西部の5州と、西部のカリフォルニア州です。カリフォルニア州は、アメリカ国内で第2位の生産量を誇る州ですが、現在は、100年間で最悪といわれる干ばつに苦しめられています。

このため、収穫量は前年度に比べて減ると予想されており、給水制限で作付けできなかった休耕田が広がっています。

写真上:作付けした水田(緑色)と、作付けできなかった水田(黒色)。
写真下:飛行機から見えるほ場の様子。30%のほ場で作付けできなかった。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」へ
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/index.html


0 件のコメント:

コメントを投稿