2015年8月25日火曜日

「共販」から「個の需要」にいかに対応していくか


 
 








「卸売市場制度」も旺盛な需要があり供給が追いつかなかったときの考え方です。

いまや、需要が減少していくなかでの供給過剰です。

今後も少子高齢化社会で需要拡大は望めません。

ソーシアルメディアがこれだけ普及すればマスコミが衰退するのは当然のこと。

だから「共販」から「個の需要」にいかに対応していくのかがポイントになっています。

そこでソーシアルメディアをいかに使いこなすのか、考えてみませんか?
http://subaru25.official.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿